プロバイダって何?どんな役割?

プロバイダは、インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provier)の略称です。
別名で「ISP」や「接続業者」とも呼ばれています。

日本には、OCNやBIGLOBE、So-net、@nifty、Plala、Yahoo!BB、eo光などをはじめとして、たくさんのプロバイダが存在します。

プロバイダの役割は、ユーザーのパソコンをインターネットへ接続することです。
ユーザーのパソコンをインターネットに接続するために、プロバイダは接続用のアカウントと認証サーバーを用意しています。

インターネットの接続には、物理的なインフラである「回線」が必要です。
そのため、プロバイダだけでは、インターネットには繋がりません。

その逆も同じで、フレッツ光やauひかりなどの「回線」だけ引いたとしても、プロバイダと契約していなければインターネットに繋ぐ事はできないのです。

つまり、インターネット接続は「回線」+「プロバイダ」が必要になるのです。

また、プロバイダは、下記のサービスを提供しています。

  • プロバイダーが提供するサービス
  •  メールアドレスの提供
  •  ウイルスチェック(セキュリティソフト)ソフトの提供
  •  ホームページやブログスペースの提供
  •  IP電話(ひかり電話)サービスの提供
  •  音楽、映像コンテンツの配信
  • 独自ドメイン取得代行

安く利用するには、プロバイダー料金比較サイトで、料金を比較してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です